こけしのつくり手 Artisan

初代 岡本卯三郎

卯三郎こけしの創設者「卯三郎」は、戦後渋川市で卯三郎考案の人工石のすずりや石板の製造、アンチモニーという金属の工芸品の製造を経て昭和25年からこけしの製造をはじめた。
卯三郎は、それまでの技法や概念にとらわれず、こけし製造に特殊機械を取り入れ、筆のみだった絵付けに彫刻やニクロム線で焼く技法を取り入れ、さらに材料として一般的に使用されているミズキ材のほかに美しい木目をもつケヤキ材や栗材を何とかこけしに生かせないか考え、苦心の末独自の技術で新しい感覚のこけしや花瓶を作り上げた。

大正6年
群馬県榛東村に生まれる
昭和25年
こけし製造を始める
昭和49年
全日本こけしコンクールにて群馬県知事賞受賞
昭和52年
全日本こけしコンクールにて林野庁長官賞受賞
昭和53年
全日本こけしコンクールにて通産大臣賞受賞
昭和54年
第3回日中美術交流展出展
昭和54年
全群馬こけしコンクールにて農林大臣賞受賞
昭和58年
昭和天皇あかぎ国体にて「寒椿」お買い上げ
昭和59年
全群馬こけしコンクールにて通産大臣賞受賞
昭和60年
全群馬こけしコンクールにて通産大臣賞受賞
昭和60年
第9回日中美術交流展出展
昭和62年
全日本こけしコンクールにて運輸大臣賞受賞
平成1年
国際芸術文化賞を受賞
平成14年
群馬県功労賞受賞
平成21年7月
満91歳にて永眠
   
生前のご厚情に深く御礼申し上げます。
ページの先頭にもどる