こけしのつくり手 Artisan

二代目卯三郎 岡本有司

昭和23年群馬県渋川市生まれ。初代卯三郎の長男として誕生、「日本一のこけし工房にする」という父の烈々たる気迫の中で育った。22歳より師事し、素材の色や木目を生かす卯三郎のこけしづくりの精神を受け継ぐ。「こけしは素朴でいい」を信念に、安らぎや温かみをシンプルな形状に求め続けている。「あこがれ」「さそい」「けやきっ子」「童の春」など、童女をテーマにしたフォルムはどこまでもふっくらと柔らかく、郷愁や懐かしさにふっと微笑みを誘われる。平成21年全群馬こけしコンクールで農林大臣賞を受賞した「月夜」は、十五夜を仰ぐ童女に月とうさぎを表現。木肌の白い青ケヤキの若木を8年間寝かせて使い、月光を浴びる少女の夢幻世界を紡ぎ出した。

昭和23年
群馬県渋川市に生まれる
昭和45年
岡本卯三郎を師事
昭和53年
全群馬こけしコンクールにて群馬県知事賞受賞
昭和55年
全日本こけしコンクールにて中小企業長官賞受賞
昭和57年
全群馬こけしコンクールにて農林大臣賞受賞
昭和60年
全群馬こけしコンクールにて通産・農林大臣賞受賞
昭和62年
全群馬こけしコンクールにて農林大臣賞受賞
平成3年
全群馬こけしコンクールにて通産大臣賞受賞
平成7年
全群馬こけしコンクールにて群馬県知事賞受賞
平成9年
全国近代こけし展にて文部科学大臣賞受賞
平成12年
全群馬こけしコンクールにて通産大臣・林野庁長官賞受賞
平成13年
全群馬こけしコンクールにて通産大臣賞受賞
平成13年
全日本こけしコンクールにて国土交通大臣賞受賞
平成15年
全群馬こけしコンクールにて林野庁長官賞受賞
平成18年
全群馬こけしコンクールにて中小企業長官賞受賞
平成19年
全群馬こけしコンクールにて農林大臣賞受賞
平成21年
全群馬こけしコンクールにて農林大臣・林野庁長官賞受賞
平成25年
群馬県功労賞受賞
ページの先頭にもどる